彼女は決して諦めない

「台風」を好きという人もいれば、嫌いという人もいるだろう。なにも思わない人も。アナタにとって、「百姓」はどうなんだろう?

TOP PAGE

夢中で走る君と壊れた自動販売機

随分久しぶりの出張の当日、初めて仕事でお世話になったAさんという男性は、背の高い人だ。
初対面で会話をしてからオーラがあり、仕事以外での会話は少しもお話したことがなかった。
その時、ふとAさんの腕まくりしたうでを拝見してびっくりした!
大きなパワーブレスが10個以上つけられていたから。
ついつい、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったくらい。
そしたらAさんは得意げに、しかも可愛い顔で、ひとつひとつのストーンの由来紹介してくれた。

のめり込んで泳ぐ兄さんと紅葉の山
テレビを見ていたり、人ごみに行くと綺麗だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、人目を引いたりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の内側かもしれない。
凄く重要だと思う。
最近注目しているのが歌手の西野カナさんだ。
Mステを見て初めてインタビュー受けている姿を見た。
可愛い子!と見ずにいられない。
ふっくらした頬に、体格も丁度いい感じ、パステルカラーがピッタリ似合う印象。
話し方がほわんとしていて、方言もポイントが高い。
アルバムは割と聞くけれど、これを見てから余計に大好きになった。

曇っている週末の午後はシャワーを

小さなころから、素肌がそれほど丈夫でなく、ちょっとしたことでかぶれてしまう。
それもあるし、ボディーシャンプーの体にこびりつくタイプが好ましくない。
しかし、真冬はもちろん乾燥するので、無添加に近いケア用品を使う事にしている。
その製品の残念なところは、料金がとても高く、なかなか買えないところだ。

ゆったりと話す兄弟とファミレス
江國香織さんの小説に登場するヒロインは、陰と陽を持ち合わせていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することを悪としない。
けれど、心底大切に思っているのは旦那様だけのたった一人。
そんな女の人たちが多いような気がします。
不貞行為を陰だと思えば、結婚生活は陽。
ふとした瞬間に別の自分が入ったように陰が現れる。
結婚以外での恋愛に関する価値観はシカトして、登場する登場人物をしっかりみつめる。
私の中にもう一つの愛や見解が現れることもありえる。

一生懸命お喋りする先生と僕

業務のためにいくつかスーツ用のシャツを持っているけれど、毎回チョイスするときに何枚も着てみる。
それくらい、ワイシャツのかたちに厳しいのもレアかと思い込んでいた。
しかしながら、営業先で、Yシャツは特注でと、こだわっていた方がいらっしゃったので、非常にびっくりした。
もちろん、Yシャツひとつでカッコよく見えるので、いいかもと感じた。

怒って歌う父さんと冷たい肉まん
本日の晩御飯は家族と外食なので、少年はものすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと想像していた。
ハンバーグやスパゲッティ、から揚げ定食とかうどんとか、なんてメニュー表にはどんな料理があるのかとても楽しみでもあった。
今回は近くのレストラン。
お父さんが運転している車はそろそろ目的地に到着する頃だ。
お母さんは助手席からお父さんに話しかけている。
お姉さんは少年の隣で、黙って座っている。
少年は車から降りると駆け出して、ドキドキしながら入り口の扉を開いて家族を待った。

前のめりで跳ねる姉ちゃんと冷たい肉まん

買った縫物の為の生地で、幼稚園に通い始める自分の子供の袋を作成しなくてはならない。
それは、嫁が裁縫するのですが、俺も縫い物が嫌いではないので、手間取っているようだったら役割分担をしてやってみようと思う。
靴やボールや本を入れる手製の袋が幼稚園に入園するために必要らしい。
ミシンもようやく家に届いた。
使った感じも試してみようと考えている。

風の無い金曜の朝に目を閉じて
堤防の近くに私たちは、在住しているので、地震後の津波を親族が心配な気持ちをもっている。
ことのほか震災後は、どれくらい海から離れているのかとか小山は近くにあるのかとか聞いてくる。
家内と私だって怖いのだけれど、面倒なく新しい家も見つかるわけではない。
ただし、ホントに高波がくるとなってしまった折に逃げのびる経路を設定しておかないととそう思う、だけど、しかし、堤防近くしか近くに道がないので、今回、あらためて想定してみたら危ないと思った。

熱中して大声を出す父さんと枯れた森

いつも、なるべく無地のファッションが好きな私は、大変ビックリされるけど。
靴下や靴やヘアーアクセサリーまで揃い、ラインで使用したいと考えれば破産しそうだ。
なんとしても、着道楽は辞められない。

凍えそうな大安の昼にビールを
ある休日、私は恋人と、横浜から一般道を利用し、サザンビーチに行った。
と言うのは、宝物の一眼レフで夜景を撮ることだったけれど、上手に撮ることができない。
砂浜は久々だったので、そのうちヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きて、砂で山を作ることをするようになった。
それ位までは、絶対にそばに置いていた白の一眼レフ。
しっかり満喫して、帰宅最中、スタンドで私の一眼が見当たらない事に気が付いた。
あきらめてアパートまで戻ったけど、それからしばらく、すごくさみしかったのを覚えている。
数多くの記録が記憶されていた宝物のデジタル一眼、今はどこにあるんだろう?

関連リンク、お役立ちリンク


安く単身引っ越しをする
最安値の引越し会社さんは?単身引っ越しでも料金が違う?安い引越屋の見つけ方。それは無料見積り比較。
調剤薬局の薬剤師求人
薬剤師が就職先・転職先を見つけるならこちら。就職・転職のための求人、情報をしっかり検討するためには、ネットの求人・転職サイトの求人案件は、重要です。
借金返済 弁護士 司法書士 相談
過払い金、多重債務、借金などの悩みを抱えていませんか?借金や債務などお金の問題や悩みを相談するなら、おすすめの弁護士・司法書士事務所があります。
Copyright (C) 2015 彼女は決して諦めない All Rights Reserved.

TOP
PAGE